VSCode で SSH 接続を通してサーバー上のファイルを編集するには、

  1. ひとつは VSCode でサーバーに接続して、サーバー上のファイルを直接編集する方法
  2. もう一つは VSCode でホスト側のファイルを編集して、ファイルを保存した際に自動的にサーバーにアップロードする方法

の2つほど方法があります。

VSCode でサーバーに接続して、サーバー上のファイルを直接編集する際には Microsoft が提供している「Remote – SSH」拡張機能を使用します。

使い方については Qiita の記事に詳しくありますので、そちらをご覧ください。

こちらはホスト側の PC に編集ファイルを置けない場合に使うことになると思いますが、弱点としてはディレクトリ内のファイルを対象にした検索ができない、ということでしょうか。
もしかするとそういった拡張機能があるかもしれませんが、今のところ見つけられていません。

VSCode でホスト側のファイルを編集して、ファイルを保存した際に自動的にサーバーにアップロードする場合は、「SFTP」拡張機能を使用します。

こちらも詳しい使い方を紹介しているサイトがありますので、そちらをご覧ください。

Github などを利用していてソースファイルをホスト側にも置ける場合は、操作感としては普段の作業と変わらないのでこちらの方法を利用するほうが効率的かと思います。

VSCode、どんどん便利になっていて手放せないですね。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください