電子書籍を読むためのタブレットが欲しい!

ノート PC のモニターだけで仕事をするのは効率が悪いのでサブモニターが欲しい!

その両方を1つで満たしたい!ということでタブレット端末を買うことにしました。

本命は多少お安くなった iPad だったのですが、それでも37,800円。Android は玉石混淆で安いければ1万円ほどのものもあれば、高いものでは iPad Pro と肩を並べるぐらいのものもあります。

その中で選んだのが HUAWEI の MediaPad M3 Lite 10 wp でした。

価格的には iPad より少しお安いぐらいで、防水対応や(使いませんが)フルセグ対応だったりスペックもミドルクラスの CPU を使っているので、Android タブレットの中では恐らくかなりコストパフォマンスの高いものだと思います。

さて、タブレットをサブモニターにするにはアプリが必要になります。

iOS、Android 問わず、サブモニター化アプリは色々あってその多くは PC 本体とタブレットの両方にアプリをインストールして Wi-Fi で接続するものです。

USB 接続に対応しているアプリもあるのですが設定に少し手間が掛かることと、それほど速度に差が無かったこと、後述しますが Windows 環境では負荷がかなり高い、ということでそちらは除外しました。

有料無料含めて色々なアプリがリリースされている中で自分が選んだのは iDisplay という無料アプリです。

実はこのアプリ、結構昔からあるにも関わらず Web でサブモニター化アプリを調べるとあまり紹介されていない不思議な存在で、使い勝手が悪かったり速度が遅いのか?というとそうでもなく、特に大きなトラブルもなく使えています。

使い方は至って簡単で、PC と タブレットを同じ Wi-Fi ネットワークに接続します。(一般的な使い方をしていて別ネットワークにするということはあまり無いと思います)

PC 側のアプリを起動して常駐状態にして、タブレット側のアプリも起動すると、自動的に PC を検索して接続候補として表示してくれるので、接続したい PC をタップすればそれだけで接続完了。

正常に接続できるとタブレットの画面が PC の画面になるので、あとは PC の画面設定で通常のサブモニターと同じように設定すれば OK です。

アプリを介していることと Wi-Fi 接続なので多少のタイムラグはありますが、あまり操作を必要としない資料を表示しておくには十分使えるレベルで、自分の場合はコーディングする時などに Photoshop のデザインデータや Excel、PowerPoint の資料を表示させたりしています。

PC 側の負荷もそれほど高くないようで、メモリ使用量なども Chrome が使っている量に比べると大した使用量ではありません。

ちなみにこの iDisplay も対応しているようですが、一部のアプリでは USB 接続での表示にも対応しています。ただ Android タブレットで USB 接続に対応させるには開発者モードにして PC 側にも使用するタブレットに応じたドライバを入れなければいけなかったりと面倒な上に、Windows では Windows Defender が常にマルウェアチェックを走らせてしまうので CPU 負荷が大変なことになります。

Windows Defender を解除すれば良いようですが、それではセキュリティ的に問題があるので避けるべきです。

あと USB 接続でも表示スピードはそれほど変わらない印象でした。

ということでタブレット端末のサブモニター化、とてもあっさりと実現することが出来ました。

次はアームスタンドでも揃えて更なる快適作業空間を構築していきたいと思います。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください