フロントエンド業務を行うとき、使い慣れたエディタが有るか無いかで作業効率が大きく変わります。

その昔は Dreamweaver を使っていたのですが動作が重くメモリ消費も激しいので、できるだけ軽快に動作するけれど HTML や CSS、JavaScript を記述しやすい補助機能が付いているものを探していてとりあえず Adobe の Brackets に落ち着いていました。

しかしその Brackets もコードのカラーリングや入力補助機能などの拡張機能を追加すると画面のスクロールがもたつくようになり、これはたまらん!ということで別のエディターを調べてみたところ Microsoft が Visual Studio Code というエディターがなかなか良い感じでした。

Brackets でいちばんのネックだったスクロールは Visual Studio Code は全く問題なく、標準でコードのカラーリングや github へのコミット機能、Emmet 入力に対応しているので、快適な標準状態でもある程度問題なく使うことができます。

Visual Studio という名前を冠しているだけあって開発も Microsoft なのである程度信頼できるのも大きいです。(もちろん Brackets も Adobe なのでそれなりに信頼できるのですが、Microsoft と比べると…)

先日のバージョンアップで Sublime Text に近い UI になって更に使いやすくなったので、しばらく Code から離れられなさそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください