Lightsail では WordPress のインスタンスが用意されているので、設置そのものは何の苦もなくできてしまいます。

しかしながら、インストールしてすぐの状態では WordPress からメールを送信することができないので、パスワードを忘れてしまった場合のリマインダーや「Contact Form」といったメール送信機能を使うプラグインが動作しません。

当然サーバーで適切な設定をすれば良いのですが、もっと手頃な方法として Gmail の SMTP を利用する方法があります。

プラグイン「WP-Mail-SMTP」を使う

SMTP を使用するためには、プラグイン「WP-Mail-SMTP」を使用します。このプラグインは標準でインストールされていますが、有効化されていないので有効化しておきます。

「WP-Mail-SMTP」を設定する

[設定 > メール] メニューからプラグインの設定をします。

SMTP Host smtp.gmail.com
SMTP Port 465
Encryption SSLを使用する。
Authentication はい: SMTP認証を使用します。
Username Gmailアカウント名
Password アプリパスワード

アプリパスワードは Google アカウント情報の [ログインとセキュリティ > Google へのログイン > パスワードとログイン方法 > アプリ パスワード] で設定します。

設定する名前は自由ですが、WordPress で使うので [アプリを選択 > その他 (名前を入力)] で「WordPress」として [生成] ボタンを押すとパスワードが生成されるので、そのパスワードを控えて WP-Mail-SMTP の Password に設定します。

管理コンソールのセキュリティ設定を変更する

まだこの時点ではテストメールを送信しても、Gmail のセキュリティに引っ掛かってエラーになってしまうので、最後の一押しで Google 管理コンソールからアプリのセキュリティ設定をします。

[管理コンソール > その他の設定 > セキュリティ > 基本設定 > 安全性の低いアプリ]

に移動して「安全性の低いアプリの管理をユーザーに許可する」にチェックを入れます。

これで設定が終了しました。

もう一度 WordPress の [設定 > メール] からテストメールを送信してみましょう。

管理コンソールの設定にもある通り、Gmail にとっては WordPress から SMTP にアクセスするのは安全性が低い扱いのようですが、PHP の mail() 関数などが使えない環境でもこの方法は使えるので、手段の一つとして覚えておいて損は無いと思います。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください